なんじょうデジタルアーカイブ Nanjo Digital Archives

「南城アーカイブツーリズム」の使い方

更新:

シェアする

「南城アーカイブツーリズム」の使い方
クリックで画像を拡大できます

一枚の写真をとおして地域の歴史と記憶に触れる

日常の生活で撮られた写真の中には、文字として記録されていない地域の歴史や、人々の思い出が刻まれているものがあります。南城市教育員会では、2014年より市内24か所の自治会で古写真の収集と、それを活用した「古写真トークイベント」の開催を進めてきました。イベントでは、参加した地域の方々から、写真にかんするさまざまなお話をうかがうことができました。そこで用いた写真の大半は、すでに「なんじょうデジタルアーカイブ」のホームページで公開されています。これに加え、写真が撮られた場所で直接、そこに隠された地域のエピソードに触れることのできるのが、今回ご紹介する「南城アーカイブツーリズム」です。

スマホ片手に時空の旅に出よう

「南城アーカイブツーリズム」は、スマートフォンを利用したあたらしいコンテンツです。2021年6月現在、①「奥武島・當山」、②「安座真・久手堅」、③「津波古・新里」という、3つのエリアでコンテンツをご利用いただけます。

エリアごとにデザインの異なるポスター。左から①「奥武島・當山編」、②「津波古・新里編」、③「安座真・久手堅編」。

利用方法はとても簡単です。まず、それぞれのエリアに赴き、「南城アーカイブツーリズム」のポスターやシールを探してみてください。これらは公共施設や公民館、商店、観光案内版などに掲示されています。ポスターやチラシを発見したら、スマートフォンを起動し、QRコードを読み取ります。ページを開き、言語(日本語・英語・中国語)を選択すると、自身の周囲にあるポイントが表示されますので、写真の下にある音声ボタンを押してみてください。すると、写真に関するさまざまなエピソードが、選択した言語で再生されます。QRコードはエリアごとに異なりますので、別エリアに移動して写真を見たい場合には、そのエリアでポスターやシールを探してみてください。ちなみに、「南城アーカイブツーリズム」の地図には、南城市内の公共駐車場や、バス停の位置も表示されます。ポイントをまわる際には、これらをうまく活用し、スマホを操作しながらの運転や、路上駐車は控えましょう。

アーカイブツーリズムを家から楽しむ

感染症の流行によって、最近は気軽に外出することができない人も多いことでしょう。そうした方は、ぜひとも自宅からホームページにアクセスし、アーカイブツーリズムを体験してみてください。以下が各エリアへのリンクになります。(PCからは少し見にくいかもしれません)

①奥武島/當山編

②津波古/新里編

③安座真/久手堅編

とはいえ、アーカイブツーリズムの大きな醍醐味は、写真が撮られたその場所で、目前の風景と昔の写真を見比べ、地域の歴史や写真に隠されたエピソードに耳を傾けるという点にあります。安心して外出することができるようになった際には、ぜひとも南城市を訪れて、古写真を使った地域めぐりをお楽しみください。