なんじょうデジタルアーカイブ Nanjo Digital Archives

知念地方中央病院

クリックで画像を拡大できます
キャプション
解説 1945(昭和20)年8月、濵松哲雄医師は百名の民家(屋号:眞榮)で治療を始め、9月に「沖縄病院」の看板を掲げます。その後、10月の台風で米軍の野戦病院が閉鎖したため、そこの医療機器等を引き継いで規模を拡大し、「知念地方中央病院」と改称しました。 この写真は、幸喜屋取(現在の百名団地付近)に移転、新築したときのもので、 1948(昭和23)年には「知念地区中央病院」と改称します。
大分類 写真
小分類 デジタルデータ
資料コード 000000
内容コード C000001650
点数 1
資料群 平成29年度古写真トークイベント
資料タイトル
年代区分 1945~49年
キーワード 風景建造物軍関連施設戦争
場所 玉城エリア-百名玉城エリア-百名団地
撮影年月日 1948//
責任表示 幸喜徳雄
出典
情報登録日 2021/06/30